LIXIL国際大学建築コンペ LIXIL International University Architectural Competition

LIXIL国際大学建築コンペ LIXIL International University Architectural Competition第4回コンペ The 4th Competition公式Facebook Official FACEBOOK 第3回コンペ The 3rd Competition今までのコンペ Archives
LIXIL国際大学建築コンペ LIXIL International University Architectural Competition

主旨

LIXIL国際大学建築コンペは、LIXIL住生活財団が主催する世界の建築系大学研究室を対象にした実施コンペです。北海道大樹町にある研究施設「メム メドウズ」内の敷地に、サステナブル建築の提案を世界各国の指名大学から募り、審査会にて最優秀案に選ばれた大学はその建設までを行います。


主催:公益財団法人LIXIL住生活財団
共催:株式会社LIXIL(総合研究所)、北海道大樹町
後援:北海道開発局帯広開発建設部、北海道十勝総合振興局、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、公益社団法人日本建築士会連合会、株式会社新建築社


PURPOSE

The LIXIL International University Architectural Competition is a design competition for university research laboratories that is hosted by LIXIL JS Foundation.
Situated on a site in the Memu Meadows of Hokkaido's Taiki-cho, we seek sustainable architectural solutions from nominative universities around the world.
The winning university will be responsible for the project throughout the construction phase.


ORGANIZER:LIXIL JS Foundation
COOPERATOR:LIXIL Corporation Research Institute, Hokkaido Taiki Town
SUPPORTER: Obihiro Development and Construction Dept., Hokkaido Regional Development Bureau, Hokkaido Government Tokachi General Subprefectural Bureau, Architectural Institute of Japan, The Japan Institute of Architects (JIA), Japan Federation of Architects & Building Engineers Associations, Shinkenchiku-sha Co., Ltd.

審査委員長 隈 研吾 Kengo KUMA
審査委員長
隈 研吾(くま けんご)
建築家 東京大学教授

1954年 生まれ
1990年 隈研吾建築都市設計事務所設立

<主な作品・著作>
2000年 那珂川町馬頭広重美術館
2007年 サントリー美術館
2009年 根津美術館
2010年 梼原 木橋ミュージアム
2012年 浅草文化観光センター
2013年 GINZA KABUKIZA(三菱地所設計との共同設計)ほか

『負ける建築』(岩波書店)、『隈研吾:レクチャー/ダイアローグ』(LIXIL出版)、『建築家、走る』(新潮社)、『aore アオーレで、会おうれ。“会えるところ"を建築する。』(丸善出版、共著)

Kengo KUMA
Architect
Professor, Graduate School of Architecture, the University of Tokyo
URL http://kkaa.co.jp

第4回LIXIL国際大学建築コンペ 公開審査会 聴講者募集!
建築家・隈研吾登壇!11/23 国際大学建築コンペ シンポジウム配信!
LIXIL

↑ PageTop